Entry

Career Interview

Project Manager
Y.Y

デザイナーとクライアントの間で、 プロジェクトの核を握る。

年齢を重ねていくことを面白く思えるような、知識やスキルを積み重ねながら前に進むような、仕事がしたい。そう思い描いたY.Yは、営業職として入社したのち、より大規模な空間デザインの案件を回していくために、プロジェクトマネジメント課(PM課)を立ち上げた。

よい空間づくりの喜びを、周囲とわかちあいながら。彼は探求の道を歩んでいく。

みずからを磨き、世界を広げていく仕事がしたい

前職ではコワーキングスペースの運営を通して、起業家やエンジニア、デザイナーが集まるコミュニティづくりをしていました。さまざまな属性と想いを持った人たちが、空間とアイディアを共有しながら働いているさまは、とても面白かったですね。物理的な場所があることの価値を強く感じ、自分もそんな場づくりに関わってみたいと考えるようになりました。

当時は、ちょうど30歳手前の時期。世の中の流れを先取りするばかりではなく、すでに確立されているような分野のスキルを学びながら、少しずつ積み上げていく仕事がしたいとも感じていたころです。デザインや建築、アートといったジャンルならば、年を重ねるごとに知見が増え、自分の目も開かれていくのではないかと思いました。そうして見つけたのがインターオフィスです。面談で「家具というより、新しいオフィスの在り方や働き方に興味がある」と伝えたところ、インターオフィスとしてもそうした新しいビジネスに取り組んでいきたいのだと言ってくれて、入社が決まりました。

入社後はまず営業部に所属し、スタンダードな家具の営業を学びながら、オフィス作りやコンペの案件へ積極的に手を挙げていきました。さまざまなデザイナーや建築家と仕事ができたり、幅広い空間の案件に携われたりするのは、とても楽しかったです。より知識を磨くべく、入社の翌年からは社会人スクールに通って、建築の学士号を取得。建築の基礎知識があると、作り手への理解が深まります。営業として納品スケジュールを引いたり、デザイナーとコミュニケーションをしたりするときの解像度が、ぐっと上がりました。

明確なロジックと適切なコミュニケーションで、プロジェクトの舵を取る

私は家具の提案営業にとどまらず、大規模な空間デザインに力を入れていきたい。会社はオフィスづくりの仕事だけでなく、景気に左右されにくい新規事業にもチャレンジしていきたい。私と会社の思惑が重なるにつれ、ありがたいことにそうした大型案件のご依頼が増えていきました。気づけば、営業部とデザイン部が連携するだけではこなしていくのが難しい量に。そこで、新たにPM課が発足しました。

決め手になった案件はいくつかあるけれど、なかでも印象深いのは、某外資製薬会社の空間リブランディングです。大規模な改修プロジェクトで、始まりはコンペからでした。家具ではお付き合いがあったものの、プロジェクトマネジメントはゼロからの提案。大きな予算金額が動く案件なので、従来なら経験と実績が多い会社に任せるのが定石ですが、小規模な営業拠点の移転や家具の納品などにも地道に取り組んできた姿勢も含めて評価され、コンペを勝ち取ることができました。

ロゴやデザインガイドラインなども一新されるタイミングだったため、国内外のステークホルダーと連携しながら進めていかなければならず、コミュニケーションは大変でしたね。インターオフィスの社内にもプロジェクトマネジメントに精通している人間がいなかったので、手探りでなんとか進めていきました。

それから、日系消費財メーカーの本社移転プロジェクトも、社内のインテリアデザイン課がコンペで獲得してきた案件です。まったくデザインが違う5フロアを作っていくにあたり、顧客の要望を咀嚼して橋渡しする役割が必要になって、私がアサインされました。設計会社のプロジェクトマネージャーの役割は、デザイナーが生み出す提案を純度高く残しながら、顧客の要望と折り合いをつけていくことだと考えています。そのためには、デザイナーが考えていることをかみ砕いて、お客様が思考しやすい形で伝える作業が必要。どうしてこういう空間をつくるのかという、明確なロジックとプロセスを描き、伝えきらなければならないのです。ここで自分がうまく機能して、いいコミュニケーションや信頼関係をつくれれば、きっとすばらしい空間ができるはず。そう信じることが、モチベーションにもやりがいにもなりました。

関わる誰もと、空間をつくる面白さをわかちあえたら

漠然とした要望しかなかったところから、具体的な提案が立ち上がり、実在する空間となっていくのは、何度見ても面白いものです。そんな空間づくりの楽しさを、お客様にも共感していただけたら、もっとうれしい。ゼロから空間をつくっていくことは、たいていのお客様にとっても初めてだからこそ、ぜひ一緒に面白がってほしいんです。

そのためにもプロジェクトマネージャーが、案件をスムーズに進めるべく、力を尽くさなくてはなりません。難易度が高い案件ほど、私たちが貢献できる部分は大きいと思います。

入社前に思い描いていた、よいものを突き詰めることやみずからの目を磨いていくことの楽しさも、しっかりと感じられています。2022年からコーポレートスローガン「Good Design is Good People」が設定されたことで、よきデザインとともに生きる楽しさのようなものに、改めて自覚的になりました。会社が拡大するなかで、お互いに共有してきた価値観が言語化されたことは、今後のよりどころになると感じています。

そのうえで、これからもデザインに課された使命について、自分なりに探求していきたい。テクノロジーがどれだけ進化しても、あえて「場」をつくる意味と向き合って、さまざまな空間を生み出していきたいと思います。いまは都心の仕事が多いけれど、移住していく人たちの暮らしや働き方にも興味がありますね。インターオフィスはとても柔軟だし、PM課の形ができる前からプロジェクトマネジメントの案件に前のめりでいてくれた会社なので、まだまだ新しい挑戦ができるはず。そのためにも気持ちよく楽しく、ときに泥臭く仕事をして、出来上がる空間を讃え合えるような仲間が増えたらうれしいです。