News

「開校100年 きたれ、バウハウス 造形教育の基礎」東京展開催 前夜祭!

2020.7.8

2019年に開校100年を迎えたドイツの造形学校バウハウス。それを記念した展覧会「開校100年 きたれ、バウハウス 造形教育の基礎」が、東京ステーションギャラリーで7月17日(金)より開催されます。
その前夜祭として、「バウハウスとノル」と題して、ノル社の歴史におけるバウハウスとの関係、家具デザイン黎明期におけるデザイナーとの関係を中心に、昨年開催した椅子研究家の織田憲嗣氏による講義を交えながら、ノルジャパンショールームからライブ配信を行います。合わせて、寺田尚樹ノルジャパン副社長より、現在もノルで製造・販売しているミースのバルセロナチェア、ブロイヤーのワシリーチェアなどバウハウスの時代に誕生したプロダクトの解説をいたします。

 

バウハウスとノル
2020年7月16日(木) 18:00-19:00 (オンライン開催)

【お申込方法&参加特典】
下記のPeatixのサイトよりお申込ください。
▶︎お申込サイト https://knollbauhaus1607.peatix.com
●このオンラインイベントにご参加いただいた方の中から先着で100名の方へ東京ステーションギャラリーで開催の「開校100年 きたれ、バウハウス 造形教育の基礎」展のご招待券をプレゼントいたします。プレゼントの当選は商品の発送を持って発表と代えさせていただきます。皆さまのご参加をお待ちしております。

【プログラム】
18:00-18:45 椅子研究家の織田憲嗣氏による講義を交えながら、寺田尚樹ノルジャパン副社長によるノルプロダクトの解説
18:45-19:00 質疑応答

主催:ノルジャパン、インターオフィス お問い合わせ:インターオフィス  press@interoffice.co.jp

< 一覧へ戻る
ページトップへ戻る