News

メンフィスグループ創設者ジョージ・ソーデンによる イタリアの照明ブランド「ソーデンライト」の販売をスタート、6 月に新作を発表

2022.5.30

インターオフィスは、ポストモダンを代表するデザイン集団メフィスの共同創設者であり、建築家・デザイナーのジョージ・ソーデン氏が手掛ける照明ブランド「ソーデンライト」の取り扱いをスタートしました。

ソーデンライトは、ソーデン氏がシリコンという素材に着目し、シェードから漏れる柔らかな拡散光の可能性を追究した結果、ペンダントランプ、テーブルランプ、フロアランプ、ポータブルランプなどに様々なシリコンシェードを採用した「シェーズ」シリーズとして、2021 年9 月のミラノサローネで発表されたライティングブランドです。先行して4 月より発売を開始したポータブルランプに続いて、新作のシーリングランプを6 月1 日(水)-3 日(金)に東京ビッグサイトにて開催されるインテリア・デザインのための国際見本市「インテリア ライフスタイル 2022」で発表します。インターオフィスでは、自社で運営するEC サイト「MAARKET」をはじめ、全国のインテリアショップでの展開を順次予定しています。

■インテリアライフスタイル2022 開催概要

会期:6 月1 日(水)~ 6 月3 日(金)

時間:10:00 ~ 18:00(最終日は16:30 まで)

会場:東京ビッグサイト 西展示場 Accent Q-019

*ご入場いただくには、Web での来場事前登録が必要です。

下記より、事前登録をよろしくお願いいたします。

https://mfjp-visitor-regist.com/

■Sowden Light ブランドについて
Sowden Light(ソーデンライト)は、イギリス出身のデザイナーGeorge Sowden(ジョージ・ソーデン)が「照明の世界に革命を起こす」という信念のもと立ち上げた照明ブランド。自らの肩書きをエンジニア / デザイナーと称するソーデンは、職人や工場との密接な対話を重ねながら、アイデアをカタチにしています。そこから生まれるプロダクトの数々は、ユニークでありながらも合理的。部品のモジュール化によって、様々な構成が可能なライティングコレクションを発表するなど、これまでにない革新的なデザインで注目を集めています。

■George Sowden デザイナーについて
ジョージ・ソーデンは、1942 年にイギリス・リーズに生まれ、学生時代に建築を専攻します。その後、建築家であり工業デザイナーのエットレ・ソットサスの事務所で経験を積み、オリベッティ社に入社し、コンピューターのデザインをはじめ、数多くの革新的なデザインソリューションを考案しました。1970 年代には、ドローイングや実験的な作品を制作するだけでなく、デザインにおける装飾の刷新に関連した研究を開始し、1981年には、伝説的なメンフィス・グループの共同設立者として、デザイン界で注目を集めました。2010 年に、自身のブランドである「ソーデン」を設立。合理的でありながらもユニークなデザインの数々で、デザイン界に新風を巻き起こしています。

■Sowden Light SHADES プロダクトについて
部品をモジュール化することにより、様々な構成を可能にした「SHADES」シリーズ。シリコンシェードは光の拡散に優れていると同時に、耐水性があるため、洗浄などのお手入れが簡単です。また、シリコンは衝撃にも強く壊れにくいため、お子様のいるご家庭でも安心してご使用いただけます。

■SHADES Portable Lamp シェーズ ポータブルランプ
[価格]9,570 円(税込)
[本体]アルミ [シェード]シリコン [光源]LED3W 調光可能
[付属]充電用USB ケーブル [点灯]約3時間でフル充電となり、明るさの度合いにより4時間から10 時間程度点灯可能

■SHADES Ceiling Lamp シェーズ シーリングランプ
[価格]CL1 ¥27,280 / CL2 ¥27,280 / CL3 ¥32,780 / CL4 ¥43,780 / CL5 ¥54,780(全て税込)
[ランプシェード]シリコン [ソケット]E26 [電球]LED 7W(電球付)
[ケーブル長さ]2m 引掛シーリング(フランジカバー付)

< 一覧へ戻る
ページトップへ戻る