Projects

臥龍山 安養院 ひかりの園
Garyozan Anyoin hikari-no-sono

パブリックスペース Public Space

臥龍山 安養院は平安時代に天台宗第三世 慈覚大師によって開山した由緒あるお寺。その納骨館である安養院 ひかりの園は、個人・家族を問わず利用できる新しい形(書架式)の納骨館で、建築設計監理は安藤忠雄建築研究所が担当した。安藤建築らしいコンクリートの打ち放しの外観が特徴的な建物で、インターオフィスはインテリア(家具)を担当した。Carl HansenのCH24(Yチェア)をはじめとした木の家具が多く入り、建物のマテリアルとのコントラストが印象的な空間となった。

オフィスデザイン・スペースデザイン インターオフィス

Copyright(C) 2017 inter office ltd. All rights reserved.

  • 増築プロジェクト
  • 安養院増築工事
    建築設計監理:安藤忠雄建築研究所
           金箱構造設計事務所/森村設計
    インテリア(家具):インターオフィス
  • 東京都品川区
  • 2018
  • Expansion in space project
  • Design: Tadao Ando Architect & Associates, Kanebako Structural Engineers, P.T.Morimura & Associates,LTD
    interior(furniture): inter office
  • Tokyo
  • 2018
  • 撮影:小川重雄(外観・B1フロア)
  • Photo: Shigeo Ogawa
< 一覧へ戻る