Projects

オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例
オフィスデザイン事例

Hareza池袋
Hareza Ikebukuro

パブリックスペース オフィス Public Space, Office

Hareza池袋は池袋エリア最大級となる11,900坪のオフィスフロア、座席数約1700席・10スクリーンの「TOHOシネマズ 池袋」、各種店舗を擁し、池袋のランドマークとなる大規模複合施設。公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団がアートワークの一部を監修し、東京2020オリンピック・パラリンピックエンブレムをデザインした野老 朝雄氏によるアートファニチャー「RHOMBUS CONNECT SEATING」をインターオフィスにて制作した。野老氏の「繋がる菱形の座。組み合わせ方によって、多様な場が生まれる」というコメントの通り、アートファニチャーによって、ダイナミックな空間が誕生した。

このプロジェクトの詳細は、Brillia ART AWARD 2021での対談でご覧いただけます。
Brillia ART AWARD 2021

オフィスデザイン・オフィス設計、オフィス家具・輸入家具の販売 インターオフィス © inter office ltd.

  • RHOMBUS CONNECT SEATING
  • デザイン:野老朝雄
    制作:インターオフィス
    アート監修:公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団
  • 東京都豊島区
  • 2020
  • Design: Asao Tokolo
    Furniture Construction: Inter Office ltd,
    Art Direction : CHOKOKU-NO-MORI ART FOUNDATION
  • Tokyo
  • 2020
  • photo:Isaku Tohara
< 一覧へ戻る
ページトップへ戻る